包茎について

手に出した薬

男性と女性で生殖器は大きく違います。生殖器について詳しい知識を持っておいた方が良いです。男性器には皮がありますが、勃起していない時にその皮で亀頭部分が覆われている状態のことを「包茎」と言います。対して勃起していないのにも関わらず常に亀頭が露出していることを「露茎」と言います。露茎に見える場合でも皮のゆるみが多く、皮膚のいち部分が狭くなってカリの下で引っかかって剥けた状態になっている「潜在的な絞約型包茎」の人が多いです。見た目は包茎では無いのですが、狭い皮膚の部分には負担がかかってしまうので皮膚が切れてしまったり、傷つきやすくなっています。こういった症状は若い人は新陳代謝が良いので出ないのですが、加齢によって症状があらわれることが多くなります。症状が進んでいくと痛みが強烈になるので性行為を行うことも難しくなり、シャワーを浴びるだけでも痛みを感じてしまいます。このように症状が重度になってしまうと包茎手術する以外に治す方法はありません。包茎手術を行っているクリニックは様々ありますが、包茎手術を行う際は包茎について知っておいた方が良いです。基本的に生まれた時は包茎の状態で生まれてきます。成人になるまでに包茎になるか露茎になるというのは遺伝的な要素が左右しますが、基本的には成長するまでの過程が大きく関係しています。二次成長期にはホルモンの分泌がとても活発になるので、大人への男性となる体型に変わってきます。その時期にペニスも成長していき、皮の先端部分が徐々に広がっていき、勃起する際に向けて勃起する時の長さと適していれば露茎となります。ただ勃起する際に剥けた場合でも皮が余分に余ってしまった場合は「仮性包茎」となってしまいます。包茎の種類や状態によってはより早く包茎手術を受けた方が良いという事もあるため、気になるのであればカウンセリングを受けてみるなどしてみましょう。